ノースフェイスの名作フリース【デナリジャケット】レビュー

商品レビュー
記事内に広告が含まれている場合があります。

ノースフェイスの大人気フリース【デナリジャケット】を4年着用して感じたメリット・デメリットをレビューします。

1枚でも暖かく、定番商品ならではの飽きのこないデザインなので長く着用できます。

個人的に購入して大満足でした。

スポンサーリンク

ノースフェイス デナリジャケットとは

ノースフェイス デナリジャケットの正面

ノースフェイスのデナリジャケットとは、1989年にリリースされたノースフェイスを代表するフリースのひとつで、登山などのアウトドアの際のミドルレイヤーとして開発されました。

ちなみに商品名の「デナリ」とは北アメリカ大陸にあるアラスカ山脈の「デナリ」から命名されています。

販売当初から現在まで素材やサイズ感の変更などはありましたが、デザイン面の変更はほぼ無くリリース当初から完成されたデザインが人気の理由です。

参考リンク:THE NORTH FACE 公式サイト

ノースフェイス デナリジャケットの特徴

ノースフェイス デナリジャケットの正面
ノースフェイス デナリジャケットの後ろ

デナリジャケットの最大の特徴といえばフリース素地とナイロン素材の組み合わせ。

フリースの上部(胸・背中)のナイロン素材はバックパックを背負うことを考え、フリース素材の摩耗を防ぐためにナイロン素材を使用されており、肘部分も同様にフリース素材の摩耗防止の為にナイロン素材になっています。

デナリジャケットの素材

ノースフェイス デナリジャケットの内側

ペットボトルを原料としたマイクロフリース素材を採用。(ポリエステル100%)

軽くて厚みがあり柔らかな着心地です。ただしストレッチ性はほとんどありません。

静電気を抑える「静電ケア設計」が採用されています。

あて布部分(ナイロン)はナイロン100%

ブランドロゴ

ノースフェイス デナリジャケットの左胸の刺繍ロゴ
刺繍ロゴ
ノースフェイス デナリジャケットの腕のロゴ
左腕のロゴ

胸と背中のワンポイントロゴは刺繍タイプ。

左腕のロゴはプリントタイプになります。

ドローコード

デナリジャケットのドローコード
デナリジャケットのドローコード

裾のドローコードを絞ることでフリース内の温かい空気を逃さず、着丈の調整と気密性を高める効果があります。

ポケット

ポケットは全部で4つ。

ノースフェイス デナリジャケットのポケット
両サイドのポケット

両サイドと両胸にそれぞれファスナー付きのポケットがあります。

ノースフェイス デナリジャケットの右胸のポケット
右胸のポケット
ノースフェイス デナリジャケットの左胸のポケット
左胸のポケット

2つ折り財布、携帯、家(車)のカギ程度ならバッグを持たなくても大丈夫な収納力があります。

ノースフェイス デナリジャケットの価格

  • 21,450(税込)

ノースフェイスの大人気定番商品なので、新品で安売りしていることはほとんど見かけません。

Amazonや楽天などでポイントを併用して購入するのが個人的にはおすすめです。

ノースフェイス デナリジャケットの防寒性

寒冷地の真冬(外)を除けば、秋口や初冬などデナリジャケット1枚で出かけても十分暖かいです。

真冬でも車内や建物内ならデナリジャケット1枚でも十分な暖かさです。

寒冷地での着用

デナリジャケットのインナーに何を着るかにもよりますが、著者の住んでいる長野のような寒冷地では真冬にデナリジャケット1枚での外出は寒いです。

基本的にフリースなので外冷気は完全には遮断できず、真冬はデナリジャケットをインナーとしてアウターにはダウンジャケットなどを着用することを推奨します。

ノースフェイス デナリジャケットのサイズ感

  • 著者・・・中肉中背、167㎝、60㎏
  • 着用サイズ・・・M

中にセーターなどを着ることを想定してMを購入しましたが、著者の体型だとジャストサイズはSでもよかったかもしれません。

着丈身幅裄丈裾幅袖口幅
S655483509
M6757855210
L6959885510
XL7162905710

ノースフェイス デナリジャケットの洗濯方法

個人的に「デナリジャケット」のメリットとしては、自宅で洗濯できることが大きいです。

冬とはいえ汗をかいたり汚れたりしますので都度クリーニングは面倒ですし経済的にも負担がかかります。

洗濯方法としては、

裏返して洗濯ネットに入れ洗濯機の弱コースで洗うことがおすすめです。

洗濯後は普通に干せば問題ないです。

できれば風通しの良い日陰干しがより安心ですが、冬の日差しなのでほかの洗濯ものと一緒に干してしまっても問題ないと思います。(著者は全く気にせず干していますが着用3年目もほぼ色落ちもなく問題なく着用できています)

洗濯時の注意点
  • 乾燥機
  • 漂白剤
  • アイロン

の使用は避けましょう。

ノースフェイス デナリジャケットの耐久性

ノースフェイス デナリジャケットの正面

4年デナリジャケットを着用し、自宅で洗濯もしていますが特に大きな劣化は見られません。

著者着用カラーが色褪せの目立ちにくい「ミックスグレー」というのと、週末のみの着用なのでそれほど着用頻度が高くないのも関係しているかもしれなませんが、一例として参考にしてみてください。

ノースフェイス デナリジャケットとユニクロのフリースとの違い

デザインや価格の差は説明するまでもありませんが、個人的によく着用するデナリジャケットとユニクロのフリースの違いをあげますと

  • デナリジャケット・・・ストレッチ性なし
  • ユニクロ・・・ストレッチ性あり

首周りの温かさだけを考えるとデナリジャケットよりユニクロのフリースの方が温かいです。

ノースフェイス デナリジャケットのデメリット

あまりデメリットらしい点は少ないですが2点ほどあげてみます。

着るときに腕がひっかかる

ノースフェイス デナリジャケットの内側

デナリジャケットのデメリットというかフリース全体に言えることですが、インナーにセーターなどの毛の素材を着てしまうと着脱時に特に腕部分が引っかかりやすくなります。

価格

  • ユニクロのフリースは2,990円(税込)
  • デナリジャケットは21,450円(税込)

ファストファッションと比べるのもどうかと思いますが、デナリジャケットの価格は高めです。

ただし長い期間着れるのでコスパ自体は悪く無いと思います。

すぐ売り切れる

ノースフェイスの人気定番フリースなので毎シーズン販売されますが、人気のカラーやサイズはシーズン中盤には売り切れになっていることも多々あるので、検討中の方は早めの購入をおすすめします。

ノースフェイスの名作フリース【デナリジャケット】レビュー まとめ

  • 完成されたデザイン
  • デナリジャケット1枚でも十分暖かい
  • 洗濯機で洗える
  • ストレッチ性はない
  • 価格は高め
  • 見つけたら早めの購入を

元々はアウトドアギアとして開発されていますが、デザイン性の高さからタウンユースでも問題なく使えます。

金額は確かに安くはありませんが長く使えるデザイン、商品スペックなので、定番のブラックやグレーを購入すれば長く着用できるので、決してコスパは悪くないと思います。

今年の秋冬の相棒としてぜひ検討してみてください。

おすすめ記事

こちらの記事でもノースフェイス商品のレビューをしているので、ぜひ読んでみてください!

肌寒い時におすすめ|【ノースフェイス】ドットショットジャケット 

雪遊びの必需品|家族揃ってノースフェイスのヌプシブーティ

ヌプシブーティ ショートとロングどちらが良い⁉

ノースフェイスの定番バックパック|ホットショットが万能すぎた

ノースフェイス|人気ウエストバッグ スウィープ使用レビュー

【2022夏】ノースフェイス バーサタイルショーツ レビュー

インナーにはセントジェームスがおすすめです!

セントジェームスのウエッソン無地はパパ・ママ世代の強い味方!

【コスパ最強】ティゴラのアルミ蓄熱パデッドフードジャケット レビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました