【コスパ最強】ティゴラのアルミ蓄熱パデッドフードジャケット レビュー

商品レビュー
記事内に広告が含まれている場合があります。

スポーツデポなどを展開しているアルペンのオリジナルブランド「TIGORA(ティゴラ)」

今回レビューする「アルミ蓄熱パデッドフードジャケット」はダウンではないですが、暖かくコスパ最強のアウタージャケットだったのでレビューしました。

とにかく安く自宅でも洗えるので汚れなど気にせずガンガン使えます!

スポンサーリンク

TIGORA(ティゴラ)はアルペンのオリジナルブランド

スポーツデポなどを展開しているアルペンのオリジナルブランド「TIGORA(ティゴラ)」

総合スポーツメーカーの強みを生かし開発しているオリジナルブランドなので製品のクオリティは非常に高く、価格もとても安いので汚れやダメージを気にせずにガンガン使えます。

昨今の値上がりでユ〇クロよりも安く高品質なアイテムが手に入ります。

TIGORA(ティゴラ)のアルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)の概要

ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)
ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)
メンズ展開サイズS、M、L、XL、2XL
メンズ展開カラーブラック、ダークブルー、ボルドー、ディープグリーン、ブラウン
レディース展開サイズS、M、L、XL
レディース展開カラーブラック、ベージュ、グレッシュピンク、グレッシュブルー
素材表地ポリエステル100%
裏地ナイロン100%
中わたポリエステル100%
背あて部ポリエステル100%
機能撥水・防水加工あり
生産国ミャンマー
メーカー品番TR-9C1573IJ
定価6,999円(税込)

アルミの裏地で保温力が高い

ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)内側
ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)内側

商品名の通り、裏地の一部がアルミになっており体温を反射し蓄熱効果を発揮してくれるので保温力が高く暖かい着心地です。

TIGORA(ティゴラ)のアルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)のサイズ感

  • 著者は167㎝、58㎏
  • 着用サイズ:M(ユニクロなども基本Mを着用しています。)
ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)
ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)

アルミ蓄熱パデッドフードジャケットの丈は若干長めになっています。

ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)のドローコード
ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)のドローコード

ドローコードもあります。

ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)の袖口は内側がリブ使用になっています
ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)の袖口は内側がリブ使用になっています

袖周りは裏側にリブがあるので手元もフィットします。

ゆったりとしたシルエット

アルミ蓄熱パデッドフードジャケットはゆったりとしたシルエットになっており、中にウルトラライトダウンなどを着こめます。

通常の外出であればアルミ蓄熱パデッドフードジャケット1着で十分ですが、著者は寒冷地に住んでおり、さらに息子のサッカーの同行で寒い体育館や外に行くときもりそういった時は完全防備でいきます。

なぜ重ね着かというと万が一暑かったときに脱げるような組み合わせにしたいからです。

もちろんインナーにフリースを着ていても問題ありません。

TIGORA(ティゴラ)のアルミ蓄熱パデッドフードジャケットのメリット

実際に着用してみたメリットをお伝えします。

ティゴラのアルミ蓄熱パデッドフードジャケットのメリット
  • デザインがシンプル
  • 撥水・防水加工あり
  • 軽い
  • 安い
  • 自宅で洗える

デザインがシンプル

ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)
ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)
ティゴラのロゴは内側だけ
ティゴラのロゴは内側だけ

正直、外にTIGORA(ティゴラ)のロゴが出ていたら著者は購入していなかったかもしれませんが、見た目は非常にシンプルで裏側にしかロゴはありません。

汎用性の高いデザインとシルエットです。

撥水・防水加工あり

ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケットは撥水と防風加工がある
ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケットは撥水と防風加工がある
撥水加工されているので多少の雨や雪はへっちゃらです。
撥水加工されているので多少の雨や雪はへっちゃらです。

雪国に住んでいる著者としましては、ジャケットに撥水(防水)が付いていないと雪が降った時に気兼ねなく着れなくなるので、購入の大きなポイントでした。

ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)後ろ
ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)後ろ

またフードも付いているので急な雨や雪のときも安心です。

軽い

ダウンジャケットではありませんが非常に軽いです。

安い

ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)の定価
ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)の定価
  • 定価6,999円(税込)

著者がアルミ蓄熱パデッドフードジャケットを購入した一番の理由は値段です。

今まで来ていたダウンジャケットが少しくたびれてきていたので、ノースフェイスなどのダウンの購入を考えていましたが、アルミ蓄熱パデッドフードジャケットを見かけちょっと悩みましたが1万を切って撥水・防水加工あれば良いかと思い購入しました。

タイミングによってはセールにかかっているので即購入必須アイテムです。

一度公式サイトをチェックしてみてください

\アルペン公式オンラインショップはこちらから/
\アルペン公式オンラインショップはこちらから/

自宅で洗える

ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)の洗濯表示
ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)の洗濯表示

素材がダウンではなくポリエステルなので自宅で手洗い可能です。

汚れがちな冬の外出時も自宅で洗濯できれば気兼ねなく着ることができます。

TIGORA(ティゴラ)のアルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)のデメリット

これといってデメリットはありませんが、2点だけ注意点を上げておきます。

ティゴラのアルミ蓄熱パデッドフードジャケットのデメリット
  • ダウンジャケットではない
  • 首周りは少し隙間ができる

ダウンジャケットではない

ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)のタグ
ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)のタグ

素材はポリエステル100%なので、ダウンジャケットではありません。

著者は特に気にせずに購入してしまいましたが、ダウンジャケットと勘違いして購入してしまうケースもあるかと思うので注意が必要です。

首周りは少し隙間ができる

ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)の首元
ティゴラ アルミ蓄熱パデッドフードジャケット(柄)の首元

個人差はあると思いますが、チャックを全て閉めた時の首周りに少しスペースが出来るので強風の日などは風の侵入が若干あります。

強風・吹雪時などに外出する際は、ネックウォーマーやタートルネックなどで対策した方が良いかもしれません。

【コスパ最強】ティゴラのアルミ蓄熱パデッドフードジャケット レビューまとめ

  • 軽くて暖かい
  • 撥水・防風加工あり
  • 値段が安い(セール時はもっと安い)
  • 自宅で手洗いできる
  • ダウンジャケットではない
  • 強風時には首周りの対策は必要

著者は初めてTIGORA(ティゴラ)のアウターを購入しましたが、デザインもシンプルで機能性に優れ、何といっても安いので満足度は非常に高かったです。

これを機にTIGORA(ティゴラ)の商品をチェックしていきたいと思います。

\アルペン公式オンラインショップはこちらから/
\アルペン公式オンラインショップはこちらから/

おすすめ記事

こちらの記事もぜひ読んでみてください。

雪遊びの必需品|家族揃ってノースフェイスのヌプシブーティ

ヌプシブーティ ショートとロングどちらが良い⁉

ノースフェイスの名作フリース【デナリジャケット】レビュー

寒冷地営業マンの冬のスーツ用ブーツはサイドゴアブーツで決まり!

Knot(ノット)の腕時計の使い心地は?6年使用レビュー

キッズ用スキー手袋の選び方

キプリスのハニーセル長財布 徹底レビュー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました