新米パパ必読!子供とお出かけ・外遊び用バッグの選び方

商品レビュー

子育て世代のパパ・ママさんたちは、季節を問わず公園で遊ぶ機会も多くなると思います。

特に未就学児の時の公園遊びの際は荷物も多く、バッグ選びは重要です!

パパ歴8年の著者が買ってよかったバッグの種類をお伝えします。

スポンサーリンク

結論

大活躍バッグは

リュックサック(バックパック)です!!

40のおやじは俄然リュックサックという呼び名の方がしっくりきます(笑)

余談ですが、リュックサックはドイツ語 バックパックは英語だそうです。

知らなかった!!

著者の独身時代はバッグは持たないか、小さめのウエストバックなどを使っておりましたが、荷物が多くなる小さな子供がいる場合、自分の財布や鍵等だけを持っていくわけにもいかず、ママの冷ややかな視線も気になりますし・・・(笑)少し大きめのバッグは必須。

いわゆるマザーズバッグ(ファザーズバッグ)も使用してみましたが、あまり使い心地が良くなく、リュックサックにいきつきました。

リュックサックを選んだ理由

マザーズバッグ(ファザーズバッグ) など手持ちタイプでは無くリュックサックを選んだ主な点は下記5点。

両手の自由が必要と感じた

よく新米パパが持つべきランキング等でトートバッグが上位に入っており、自分も使ったことはありますが、物の出しやすさは良いのですが、お出かけ途中に抱っこと言われたり、予定外の買い物でトートの中に物が入らなかったりした時は本当に大変でしたし、子供が歩き出したりすると予想外の動きをするので、両手の自由というのも必須だと感じました。

ちなみにうちのママも最初はマザーズバッグ(トート式)を持っていましたが、一度リュックを使うと便利なので必然的にリュックになっていきました。

一緒にお出かけする際も乳幼児の時はいろいろ荷物も多いですし、パパのリュックにもある程度荷物をいれてあげるのがよいかな~と思います。

くどいですが、お子様の人数にもよりますが、パパ・ママのどちらかは両手の自由は確保しておいた方が良いと思います

水筒の出し入れの容易さ

バックパックのサイドポケットに水筒を入れる

我が家はリーボッククラシックのリュック、グレゴリーのリュック、ノースフェイスのリュックを用途に応じて使用しています。ブランド自体は好きなもので良いと思いますが、使いやすいポイントは、両サイドにドリンク(水筒)が入るものがおススメです。

子供と公園に行くときは、親も子供も水筒は必須だと思うので、すぐ取り出しできるように両サイドにポケットがあるものが良いと思います。

失敗例としては、少し子供も大きくなってきたし、見た目の好みで再度ポケット無いものを買ってみましたが、(どのブランドかは伏せておきます) ま~~使いずらいです!!

子供が大きくなったからと言って水筒を持っていかないわけでもないですし、水筒を持っていかずとも出先でペットボトルを買ったりして、うっかりバッグ内に入れたりすると結露で中の物も濡れたりするので、両サイドポケットは必須だと感じております。

収納力

アウトドア系のリュックサックを選ぶと細かな収納も多く何かと便利。さらに外側にもジップ式の収納が付いていればポケットティッシュやウェットティッシュもすぐ取り出せより便利。

子供って年長くらいまでは万年、風邪ひいてるのかってくらい鼻水出ますし、いろいろなものを触ったり、今の時代はウェットティッシュは必須ですからね!

デザインによってはパパママ兼用で使える

マザーズバッグのリュックタイプはパパが使えるデザインは少ないように感じます。男女兼用でも使えるデザインを選べば、いちいち中身を入れ替えなくても使用できるので使いやすい。そんな我が家はノースフェイスのホットショットを使用しています。

公園以外にも小旅行や海・スキー場でも大活躍

リュックサックになるとある程度の収納力があるものがほとんどなので、短期旅行の際にも使えるし、海やスキー場遊びの際にも両手が使えるのでかなり便利です。

特に子供が小さい時の雪山遊びは、手を繋いでいたり、ソリを引っ張っていたりと自分の両手の自由はほとんど無くなってしまうので(笑)なおさらだと思います。

長野在住が教える|キッズ用スキー手袋の選び方
雪遊びをする時、子供のスキー手袋選びも重要です。サイズや素材に注意してウェアと同じように吟味してくださいね。
雪遊びの必需品|家族揃ってノースフェイスのヌプシブーティ
ノースフェイスの人気ウィンターブーツ 我が家はパパママ息子みんなでヌプシユーザー スキー場のキッズパークで遊ぶならヌプシで全然OK デメリットもレビューします

デメリット

肩がこる

荷物を大量に入れて長時間リュックを背負っているとどうしても肩が凝ります。そんな時はアウトドアブランドの物を選べば少し軽減されます。元々長時間背負うことを想定されているので構造や背中のパッドやメッシュ素材の採用等など快適性を考えて作られています

背中が蒸れる

安めのリュックだと背中が蒸れますが、やはりこちらもアウトドアブランドの中価格帯の物をチョイスすればある程度は軽減されます。

見た目のスマートさに欠ける

パパ・ママがキレイ目の服装だとちょっと似合いませんが、公園遊び等の時は革靴やピンヒールを履くような格好で行かないと思いますので、バッグを使い分ければ良いと思います。

まとめ

・子育て世代パパの子供とお出かけバッグはリュックサック

・サイドポケット(水筒入るもの)は必須

・ジップ式の小収納は必須

上記参考にリュックサック探してみてください。

シンプルなデザインを選べばママと兼用も出来ますし一つは持っていても損はしないと思います!

子供と一緒に遊び行ける期間は短いので、存分に育児ライフを楽しみましょう!

【8年使用中】ストッケ トリップトラップのメリット・デメリット
北欧好きなら子供が出来たら使いたい椅子NO,1 【ストッケ】のトリップトラップを実際に8年使用中の感想 メリット・デメリット5つずつ挙げてみました

コメント

タイトルとURLをコピーしました