ニューバランス574と996の違いについて徹底比較

買い物レビュー
スポンサーリンク
この記事はこんな方にオススメです

ニューバランスの574と996の違いがわからない!

結局どっちを買ったら良いかわからない!

ニューバランス574と996の横から見た違い
上が574 下が996

著者は30代前半までニューバランスの特徴的なデザインの「N」の文字がどうも好きになれず、NIKEやアディダス、スペルガなどを履いていましたが、子供が出来てから公園遊びなど外にいる機会が増えたので、履きやすい・疲れにくいスニーカーを探していたらニューバランスにたどり着きました。

また歳をとるごとに大人の男性が履いていても「うかない」デザインを求めるようになり、物は試しにニューバランスを購入。

実際履いてみたら、デザインも合わせやすく、何より履きやすい!

574と996のどちらも非常に履きやすい!

もっと早く履いていれば良かったと思うくらい履き心地は抜群です。

ただしパッと見、同じようなデザインですが価格も5,000円程度違いますし(996の方が高い)、用途に応じて使い分けた方が良いこともわかりましたので、著者が実際に5年以上履いてみて感じた違いなどをまとめてみました。

今回比較している品番

ML574とMRL996

どちらのサイズも26㎝

スポンサーリンク

主な特徴

公園遊びやアウトドア向きで安定感のある履き心地の574。

普段履き(タウンユース)で疲れにくくデザインもスタイリッシュな996

ニューバランス574と996の違い

ここから細かく574と996の違いについて写真を使いながら比較していきたいと思います。

フォルム

ニューバランス574と996の履き比べ
左が996 右が574

574はつま先部分がぽってりとしたデザインで足元にボリューム感が出る。カジュアルファッションに最適。

996は全体的に細くスマートなデザインで、いろいろなスタイルに合わせることが出来る。

画像ではわずかな差ですが、実際に履いてみるとカジュアルな574に対し996はスタイリッシュな印象を体感できると思います。

インソール

ニューバランス574と996の履き比べ
左が996 右が574
ニューバランス574と996のインソールの違い
上の青い方が574 下の白い方がが996
ニューバランス574のインソールの厚さ
574のインソール

574のインソールは少し低反発のある素材ですが緑色の部分がスポンジのような素材で平面的なインソール。

ニューバランス996のインソール
996のインソール

MRL996のインソールは一体構造で平面的なインソール。574と比べるとインソール素材の違いで若干蒸れやすい感覚。フィット感を高めるために土踏まずとかかと部分をカバーするような形になっている。

CM996のインソール
CM996のインソール
CM996のインソールの素材
CM996のインソール

現行モデルCM996のインソールは574と同じようなインソールに変更になっています。

アウトソール(靴底)

ニューバランス574と996のアウトソールの違い
左が996 右が574

574のアウトソールは溝が深くグリップ力があるので悪路でも安心なオフロード仕様。また子育て世代には滑りにくい靴底なのでお子様との公園遊びにも最適。

996のアウトソールは元々塗装された道路用に開発されているオンロード仕様、コンクリートでも滑りにくいソールになっている。

著者の体感上(著者も用途に応じて使い分けています)

アウトドアや公園遊びには574

普段履き(タウンユース)には996

クッションの違い

ニューバランス574のクッション
ニューバランスCM996のクッション

574のENCAPは衝撃吸収性と安定性に優れたEVAポリウレタンを包んだクッション構造。

996の現行モデルはC-CAP。クッション性と耐久性に特化したポリウレタン不使用のEVAを圧縮した素材。かなりクッション性があり非常に歩きやすい。

ニューバランス996のクッション

REVLITEは旧モデルMRL996で軽量に特化したタイプでした。

非常に軽かったですがクッション性は今のCM996の方がある感じ。

ヒールの高さ

ニューバランス574と996のヒールの高さの違い
左が996 右が574
ニューバランス574と996のヒール部分のデザインの違い
左が996 右が574

574の方が約1㎝程高い。かかとのホールド感は574の方が感じられる。デザインもがっちりした印象。

996は後ろのデザインも996の方はすっきりしたデザインになっている。

サイズ感

574の横幅は広め。幅のサイズ(D)(2E)の2タイプあり

996の横幅は細目。幅のサイズ(D)のみ

となっており、幅広の足型の方は0.5サイズ大きめを選んでも良いかも。

どちらのタイプも履いているうちに横幅は伸びて広がってきますが、デザインが崩れてしまい見た目的にキレイでは無いので適正なサイズを選ぶようにしてください。

履き心地

574の履き心地は、ソールが少し硬く滑りにくいので安定感のある履き心地。クッション性とグリップ性が優秀。

996の履き心地は、ソールにクッション性がありフワフワとした履き心地。個人的には996の方が非常に歩きやすい。大人になって最初に履いたニューバランスが996だったので履き心地に感動しました。

履き心地は全然違いますが、どちらのタイプにいえることは非常に歩きやすいスニーカーです。

著者は以前新婚旅行でイタリアに行ったときに、主要な観光地を一通り回るツアーで行ったので、これでもかというくらい歩いて足が痛くなったので、その時に出会っていたかったです!

574と996の種類

ニューバランスには高額ラインと安価なラインがあり製造場所(国)によって金額が変わってきます。

高額ライン(アメリカでハンドメイドで製造)

US574(17,000円~)

M996(27,000~)

安価なライン(いずれもアジアで大量生産)

ML574・MLP574(10,000円前後)

MRL996・CM996(15,000円前後)

ニューバランスのスニーカーの種類は他にも沢山ありますが、一般的なのはこの6種類です。

ちなみにこの記事の比較はML574とMRL996です。

公式サイトを見てみると商品の多さにびっくりします。

ニューバランス公式通販サイト

価格帯

今回紹介しているML574とMRL996の価格帯(税込価格)

574は約10,000前後

996は約15,000前後

主な違いはアッパーの素材とクッションの違いで価格差が出ている。

楽天やAmazonなどで購入すると少し安く手に入ります。

ニューバランス574と996のデメリット

購入時についてくる靴紐が長いので、著者は靴ひもを取り換えています(特に574)靴紐代500~1,000円が余計にかかる。

ニューバランス574と996の傷みやすい箇所
左が996 右が574

・著者はなりませんでしたが履き口ところがボロボロになる。

妻と息子(小3)はヘビロテで履いていたら、半年くらいで履き口の部分がボロボロになりました。

ニューバランス574と996の違いのまとめ

ニューバランス574と996の上から見た違い
左が996 右が574
574

アウトドアや公園遊びに最適。

安定感のある履き心地

ぽてっとしたデザインで足元にボリューム感が出る

価格は10,000程度

996

普段履き(タウンユース)に最適。

軽く柔らかい履き心地

細いデザインでスマートな足元を演出できる。

価格は15,000程度

子育て世代で公園やアウトドアで遊ぶことの多い人は574。ニューバランス574 レビュー

あまり外で遊ばず普段履きで快適に履きたいなら996。

がオススメです。

著者も家族で出かけるときは574。今はめったにありませんが一人で出かけるときには996を履いています。

この記事が少しでも購入の際の参考になれば幸いです。

おすすめ記事

こちらの記事も子育て世代に役立つアイテムを紹介していますので、ぜひ読んでみてください!

ニューバランス574 レビュー

ノースフェイスの定番バックパック|ホットショットが万能すぎた

ノースフェイス|人気ウエストバッグ スウィープ使用レビュー

【2022夏】ノースフェイス バーサタイルショーツ レビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました