軽くておしゃれ!フェリージ 定番ビジネスバッグ レビュー

商品レビュー
記事内に広告が含まれている場合があります。
この記事はこんな方にオススメです
  • フェリージのビジネスバッグの評判が知りたい
  • オシャレなビジネスバッグが欲しい
  • 軽くて丈夫なビジネスバッグが欲しい

著者がフェリージのビジネスバッグを購入したのは30代前半。

元々憧れはありましたが当時の価格が約7万円でなかなか手が出せず、まずはウェストバッグや財布でガマンしていましたが、少し金銭的に余裕が出てきたタイミングで思い切って購入。

見た目、使い心地ともにかなりお気に入りでした。今回は2年使用したフェリージのブリーフケースをレビューしてみます。

なお今回レビューしている「8637」は廃番となっており、後継モデルとして「1772」が新たな定番となっています。

\公式オンラインショップは全品送料無料/
スポンサーリンク

Felisi(フェリージ)とは

1973年にイタリア北部のフェラーラで小さな革工房として創業。

創業当時から異なる素材を組み合わせたデザインが特徴的でしたが、1992年にナイロンとバケッタレザーの組み合わせを発表し従来のナイロンバッグの常識を覆し、現在はこの異素材のコンビネーションはフェリージを象徴するアイテムになっています。

また熟練の職人のほとんどが女性であることも特徴的で、これがフェリージ製品のやわらかさやぬくもりを感じる要因の一つかもしれません。

バッグ以外だと「コロコロ」の愛称で人気のあるお財布も人気があります。

参考リンク:フェリージの財布の評判は?おすすめのポイント

フェリージ ビジネスバッグ「8637」レビュー

フェリージのビジネスバッグ8637

2年間使用していたフェリージの定番ブリーフケース「8637」

ネイビーとブラウンのカラーリングがスーツの色を問わず汎用性抜群です。

首都圏など都会では持っている人も多いと思いますが著者在住の長野ではあまり見かけません。

また著者使用モデルはビームス別注モデルなのでレザー部分がクロコ型押しレザーになっています。
通常モデルはスムースレザーですが、タイミングがあえばセレクトショップ別注モデルとも出会えるかも。(フェリージ店舗や公式サイトでは購入できず各セレクトショップでの購入となります)

フェリージ ビジネスバッグの素材

オールレザーの商品もありますが、フェリージといったらナイロン&レザーの組み合わせで洗練されたデザインが最大の特徴です。

ナイロン

フェリージのビジネスバッグの再度ポケット

シルクのような光沢としなやかさのあるナイロン素材はPRADAも使っているリモンタ社製のものを採用しており、上品な光沢と滑らかな手触りがたまりません。

摩耗にも強くシワになりにくいのも特徴です。

高密度に織られたナイロンは従来の「ナイロン=安物」のイメージを覆してくれます。

また大部分をナイロン素材にしているのでバッグ本体は非常に軽いです。

レザー

フェリージのビジネスバッグのレザー部分

フェリージに使用されている本革は、イタリア・トスカーナ地方に1000年前から伝わると言われている伝統的な鞣し手法によるバケッタレザーを使用。

バケッタレザーは年月を重ねるうちに色味や艶が出てきて美しい表情になるのが特徴です。

また市場に流通する前に最高峰のタンナーから直接買い付けているので、世界でもごく限られたブランドしか手に入れることが出来ない希少な素材です。

フェリージ ビジネスバッグの収納力

横40㎝ 高さ32㎝ 底マチ11㎝で内部もシンプルな設計になっています。

フェリージのビジネスバッグの内部
フェリージのビジネスバッグの内部の小物が入る部分
現行モデルの「1772」にはペンホルダー等は無い

PC+手帳+程度な紙資料+財布+ポケットwifiなどビジネスの基本的なアイテムは十分収納可能。

旧モデルの「8637」にはペンホルダー等ありましたが、現行モデルの「1772」にはペンホルダー等はついていません。

両サイド共にボタン付きの大ポケットになっています。

公式サイトを見るとタブレットなどを取りやすくするために仕様変更したとのことです。

サイドにジップのついたポケットもあるので荷物の分けも可能。

フェリージのビジネスバッグのサイドジップポケット
フェリージのビジネスバッグのサイドポケット内部

フェリージ ビジネスバッグの耐久性

イタリア製と聞くと耐久性に不安を感じる方もいるかもしれませんが、フェリージは素材を徹底的にこだわり職人たちが手作業にて行っており、丁寧に縫い上げられているのでとてもタフな仕上がりになっています。

フェリージのビジネスバッグの底のレザー部分

2年使っても数か所レザーにダメージが見える程度。

フェリージのビジネスバッグのジッパー部分

ジッパーなどの部品もしっかりしており基本的な耐久性は問題なし!

ただしあまり重いものを入れすぎてはダメです。

この辺は著者の実体験をふまえてデメリットで解説します。

フェリージ ビジネスバッグの軽さ

メイン素材がナイロンなのでバッグ本体は非常に軽くなっています。

サイズも横40㎝、高さ32㎝、底マチ11㎝で容量もそれほど多く無いので、荷物を入れてもそれほど重くなりません。

フェリージのバッグの軽さは毎日使っていてもストレスを感じません。

フェリージ ビジネスバッグのお手入れ方法

フェリージのビジネスバッグはナイロン部分が多いのでメンテナンスはいらないと思っている方も多いかと思いますが、ホコリなどの汚れはたまりますので、定期的にナイロン部分はブラッシング、レザー部分はデリケートクリームなどを塗りこんであげると味わいのある革の変化を楽しめます。

バッグのメンテナンスはしていない方がほとんどだと思いますが、1か月に1度程度行うだけでも綺麗に長く使用できます。

また綺麗に長く使うコツはメンテナンスの際に防水スプレーを使うことによって水はもちろんですが、汚れも付きにくくなるので1か月に1度位はお手入れをおすすめします。

フェリージ ビジネスバッグのデメリット

著者が実際に使って感じたデメリットを4点ほどお伝えします。

重さには弱い

フェリージのビジネスバッグの取っ手の金具が取れた

著者が転職した際、紙の資料をたくさん持ち歩かなくてはいけない仕事になったので、PC+紙の資料を入れていたら、持ち手部分の金具が吹っ飛びました。

適度な書類+PC程度ならフェリージでも全く問題ないと思いますが、大量の紙書類が必要な職種の方は耐久性の高いTUMIなどのビジネスバッグの方が良いと思います。

収納力

【横40㎝×高さ32㎝×底マチ11㎝】で内部もシンプルな設計になっているので、TUMIなどと比べると収納力は今一つ。

著者のように紙媒体の資料を大量に持ち歩く業種にはイマイチですが、少しの資材とPC(タブレット)、手帳、財布などであれば十分の収納力だと思います。

水に弱い

基本素材がナイロン+レザーなので水分には弱いです。

使い始めのうちから定期的にブラッシングや防水スプレーを使用して対策をしておきましょう!

価格

  • 現行モデルの「1772」は75,900円。→92,400円(税込)※2022年8月に原材料の高騰により値上げされました。→2023年7月に再値上げになりました。

ただし値段が高いので若手社員はなかなか手がでず、フェリージのビジネスバッグを持つことは他の人との差別化にもつながると著者は考えます。

また素材も最高級のものを使用しているので、普通に使っていれば耐久性も良く長期間使うことを考えれば許容の金額ともいえます。

本音としてはあと10,000円位安いと申し分ないのですが・・・

少しでも安く買う方法を探してみました。フェリージを安く買う方法は?おすすめ4選

フェリージのビジネスバッグを使うのをやめた理由

デメリットにも書きましたが、著者が転職先の仕事が思いのほか紙の資料が多く重量に耐えられるビジネスバッグが必要になったからです。現在はTUMIを使用しています。

デザインの好みでいえば圧倒的にフェリージが好きですが、今はしょうがなく見た目より機能性を重視しています・・・

TUMIはこちらでレビューしていますので、収納力があるビジネスバッグを探している方は読んでみて下さい!7年使用レビュー TUMI(トゥミ)のビジネスバッグがおすすめの理由

フェリージのブリーフケース 現行モデル「1772」の特徴

基本的には8637と変わっておらず、新機能を詰め込んだリモデルバッグです。

フェリージ ブリーフケース「1772」
フェリージ ブリーフケース「1772」出典元:フェリージ公式オンラインショップ

「8637」の後継モデル「1772」はぱっと見の大きな変化はありません。サイズも同じですが何点か変更点があったので紹介します。

フェリージのブリーフケースには底鋲が付いている
フェリージのブリーフケースには底鋲が付いている。出典元:フェリージ公式オンラインショップ

底に金具が付き、底のレザーが傷つきにくくなりました。それに伴い底のレザー面積が減りより軽量化につながっています。

別売りのブリーフケース用のショルダーストラップ
別売りのブリーフケース用のショルダーストラップ。出典元:フェリージ公式オンラインショップ

別売りのショルダーストラップを付けることが出来るようになりました。

軽いとはいえ長時間バッグを持って歩く際には肩掛けした方が楽ですし、ほかにもっていかないといけない資材がある時は重宝します。がフェリージのショルダーストラップはレザータイプで19,800円します!

フェリージ ビジネスバッグのネームタグ
8637に標準でついてきたネームホルダー

また今まで標準でついてきたネームプレート小(8,800円)もオプションになりました。

個人的にはネームホルダーは外して使っていたのでオプションになった分バッグの値段が安くなったので良かったと思っています。

フェリージのブリーフケースはキャリーケースにもセットアップ可能
キャリーケースにもセットアップ可能 出典元:フェリージ公式オンラインショップ

背面にキャリーケースのハンドルに差し込めるスリットが出来ました。出張が多い方には便利ですね。

フェリージ ビジネスバッグの購入方法

フェリージのビジネスバッグは、ECサイトなどで並行輸入品を若干安く購入できますが、修理などに対応出来ない場合もあるので、多少の金額の差であればフェリージは公式サイトでの購入をおすすめします。

フェリージ公式サイトでの購入するメリット
  • 全品送料無料
  • 手数料無料の返品も対応可※各種条件あり 公式通販サイトにて要確認。
  • フェリージ製品は商品出荷日より1年間の保証期間があり、通常使用時に生じた不具合や自然故障はフェリージが負担してくれます。※条件はその都度要確認。

近くに直営店舗があれば良いのですが現状東京・大阪など主要な都市にしか店舗が無く、直接足を運ぶのが難しい方は公式通販サイトも選択肢に入れてみて下さい。

スリーパーバッグ(製品が入っている袋)もオシャレです!

フェリージのスリーパーバッグ
バッグの入っている袋もおしゃれ

なお8637のネイビーは廃盤なので公式サイトには販売されておらず、楽天やAmazonで探すしかありません。

フェリージに関するよくある質問

フェリージに関するよくある質問をまとめました。

修理はできる?

  • できます。

保証期間は無料。

保証期間外は有償になりますが、商品を店頭か公式サイトの「お問い合わせフォーム」から破損状況を伝えると期間と見積りを提示してくれます。

購入したのが直営店や公式オンラインショップ以外だと保証期間内でも有償になる可能性があるので、フェリージは直営店か公式オンラインショップでの購入をオススメします。

プレゼント用のラッピングは出来る?

  • できます。

また「ギフトラッピング商品」として購入した商品の値札は外して届けてくれます。

返品や交換は可能?

  • 一部可能。

交換は届いた商品に不備があった場合は1回に限り可能。

返品は「フェリージオンラインショップ」での購入が条件。

細かな条件はフェリージ公式サイトで確認してみてください。

\公式オンラインショップは全品送料無料/

フェリージ ビジネスバッグ レビュー まとめ

  • 見た目が圧倒的におしゃれ
  • 非常に軽くて使い心地抜群
  • こだわりの素材で耐久性も申し分なし
  • 荷物の多い人には向かない
  • 水に弱い
  • 若干価格が高い

著者の今の職種は資料が多いのでしょうがなくTUMIに変更しましたが、もっとデジタル化が進み持ち運びの資料が減ったらまたフェリージを選ぶと思います。

そこまで大量の荷物を持っていかなくても良い職種の方は、ぜひフェリージのブリーフケースを使ってみてください。

普段のスーツスタイルが1ランクおしゃれに見えると思います!

\公式オンラインショップは全品送料無料/

おすすめ記事

Felisiのウエストバッグも愛用していましたので、レビューしています!

7年使用|フェリージ ウェストバッグ(ボディバッグ)レビュー

フェリージの財布の評判は?おすすめのポイント

こちらの記事もビジネスアイテムをレビューしていますので、ぜひ読んでみてください!

ビジネスバッグはフェリージかTUMI どっちが良いか⁉

フェリージをいまさら持つのはアリ?なし?

7年使用レビュー TUMI(トゥミ)のビジネスバッグがおすすめの理由

エッティンガー 名刺入れ レビュー 上品な大人の名刺入れ

モンブランのボールペン マイスターシュテュック 1年使用レビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました