コロナ禍|パパと小学2年生の休日の過ごし方 ポケモンGO編

サッカー

コロナ禍で、2016年リリースの「ポケモンGO」を復活させました。

自分で楽しむというよりは、息子を散歩(外)に連れ出すことが目的です。

2016年リリース時は話題になっていたのでインストールしましたが、そもそもポケモン世代では無いので、ポケモン種類などはさっぱりわからず、当時は独身で子供もいなかったので数回アプリを開いてすぐにやらなくなっていました。

2020年はまだコロナいう未知のウィルスで、公園に行くことさえ抵抗があり、おのずと家の中で過ごすことが多く、スマホゲームをやることが多くなっていました。(今はそれがすっかり定着してしまいましたが・・・)

ただ散歩に誘っても面白くないので、当然当時小1の息子は一緒に行ってくれません。

そこで思いついたのが、息子がアニメのポケモンを見ていたので、(特別そこまでポケモン好きというわけではありませんでしたが)まだアカウントの残っていたポケモンGOを再インストールして再度散歩に誘ってみたらノリノリで付いてきてくれました(笑)

息子くんは位置情報ゲームはまだ未体験だったので不思議な感覚だったようです。

著者の子供時代(30年以上前)では考えられなかった世界ですよね!

2016年当時は、たしか出てくるポケモンを捕まえるだけかと思いましたが、今はいろいろ機能が追加されており、ロケット団(敵?)とバトル・ジムバトル・レイドバトル等やれることはめちゃくちゃ増えていました!

ただし歩きながらのスマホは危ないので、基本著者がスマホを持って、ポケモンが出てきたら息子に渡しゲットする。公園とかのスポットについたらジムバトル等しながら休憩させると、何ともお散歩にはもってこいなスマホゲーム!

パパもずいぶんポケモンに詳しくなりました(笑)

今は3か月ごとにゲームの世界にも季節みたいなものもあり、出てくるポケモンが変わったり、コロナ禍仕様で離れていてもレイドバトルが出来るようになったりと常にアップデートされています。イベントも切れることなく常に何か新しいイベントが開催されており、さすが世界のポケモン!!といった感じ。

2021年にまだ遊んでいる人がいるのかと思われている方も多いかと思いますが(実際自分もそう思っていました汗)意外とポケモンGO人口は多く、インスタ等見ても海外勢も大勢いますし、課金しまくりのいわゆるガチ勢も多いみたいです。

ちなみにリリースから5年間の売上は約5500億だそうです!!!

またスマホアプリなので基本的なメインユーザーは大人です。

見た目判断になりますが60.70代のかたも夫婦でやっていたり(なぜわかるかと言うとスマホ画面を特殊な触り方をするので経験者はポケモンGOユーザーか一発でわかります)男女問わず大人の方が精を出してポケモンゲットしている様子が公園でよくお見掛けします(笑)

逆にいうと子供だけでやっているのはほとんど見かけません。

よく考えたらスマホが無いと出来ないですし、子供に悪影響を与えないように13歳以下の子供はプレイが制限されています。

なぜ子供がダメ(制限がある)かというと、そもそも子供はGoogleアカウントを取得できない+トレーナーバトルやジムバトルのトラブル、課金トラブル、勝手に入ってはいけないジム(施設)に入ってしまう等があるようです。

なので同級生のお宅等も、うちのように親と一緒に親の管理下の元、親のスマホのアカウントで楽しんでいるのが圧倒的に多いです。

ちなみに著者はスマホゲームの課金はポケモンに限らず一切認めていませんので、無課金勢ですが普通に楽しむことは出来ました。

しかし

うちの子、1年半ぐらいは一緒にポケモンGOお散歩に行ってくれていましたが、今は違うスマホゲームに夢中になりました(笑)個人差はあると思いますがこのくらいが限界でしょうか?周りの子たちも2年遊んでいる子は聞きませんね。。。

とはいえ一旦感染状況も落ち着いてきましたが、まだまだ今まで通りというわけにはいかないと思いますので、まだポケモンGOを試していないパパママさんたちは休日のお子様とのお散歩にポケモン捕まえてみてはいかがでしょうか(笑)

あと1~2年もしたら普段の日常が戻っていることを切に望みながら・・・

あと意外と距離歩けるのでパパママにとっても健康に良いですよ(笑)

【スイッチ版】FIFA22 子供は問題なく遊べるか!?
スイッチのサッカーゲームで本格的なものはFIFAしか無く、子供(小学校低学年は)は問題なく遊べるか?スマホアプリのeFootball(ウイニングイレブン)と比較・検証。パパと息子のFIFA22スイッチ版の評価です
8歳児はスーパーファミコンミニで楽しく遊べるか?
令和の小学2年生はスーパーファミコンミニで楽しく遊べるのか?検証してみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました